ミルキーサファイアのリング

嬉しいことがありました。

昨年のイベントでお知り合いになったお客様と、
アトリエに置いてあったシルクスクリーンの作家の話をきっかけに、
共通の話題が発覚し、あれよあれよと・・・

勝手に興奮して、ひとり盛り上がってしまいました。w
そして、なんだかとっても話し足りない…

とても面白そうなお店を経営されているそうなので、
伺ってしまうつもりです!

楽しみです!

本題へ戻しますと…
今度お着物をお召しになるそうで、お着物にも合うリングを…
という事で、ルースも含めて色々ご覧頂きました。

私は、全く着る機会がないので、良く分からないのですが、

以前、着物をよく着られる方に、

『zettaさんのリングは着物にも合うんでお得なんですよ。』

と言って頂いた事があったので、得意気にその事をお伝えしてみました。w

ルースも色々ご覧頂いたのですが、途中まで制作していた、
K18イエローゴールドのワインカラーなミルキーサファイアのリングを
気に入って頂き、オーダー頂けました。

香り立つような熟成されたワインを思わせる、
とても複雑な色合いのサファイアです。

どことなく、映画ツィゴイネルワイゼンなんかを彷彿とさせて、
アンティーク着物にぴったりな顔立ちのリングですが、
訪問着なんかも良いのではないでしょうか。たぶん…良く分からないのですが…

もちろん、お洋服にもお似合いになりますよ。

その後、サイズを修正してお届けとなりました。
気に入って頂けたようで、ホッと一安心です。

そしてそして、件のお店に、恥ずかしいのでご連絡なしで、
突然お伺いしましたら、残念ながらお休みでした…ガーン

楽しみはとっておくのです。

ベビーリングちゃん

先日、ホームページ経由で頂いたオーダーのご紹介です。

ちなみに、ネット経由のお問合せやご注文は、
とても珍しいです。(威張ることではありませんが…w)

でも、ベビーリングだけは、数回あるんです。

なぜか?ご出産したばかりだと、なかなか外出できないので、
インターネットをご覧になる機会が多くなるからなのではないでしょうか。
・・・と勝手に推察。

そんな中、大切なお子様のファーストリングを、
見ず知らずの私にオーダー頂けるっていうのは、恐悦至極に存じます…ですよ!

今回は、ベビーリングのオーダーのご紹介させて頂きます。

先月、長女さんをご出産されたそうです!
ということは、まだ1ヶ月さんにもなっていないほやほやさんです。

6月生まれさんのお誕生石は、真珠かムーンストーン。

迷われることなく、真珠にお決め頂きました。

K18ピンクゴールドの枠に、アコヤ真珠のベビーパール。
とろみのあるパールの光沢に、柔らかなピンクゴールド。
ただただ、可憐なのです。

シャンクの側面にお名前と体重の刻印が入りました。

そして、嬉しいことに、装着画像をお送り頂けました!

装着されたところを拝見できるのは、
この仕事をしている上での、嬉しいこと上位のひとつです。

ん〜〜〜、かわゆ過ぎですっ。
おててのえくぼが・・・。ぎゅって、ぎゅぎゅぎゅってしたいです。

画像では、小指に着けられていますが、親指以外は入るそうです。
1ヶ月バースデーでも着けられたら嬉しいですね。

そして・・・

ご主人さまのご提案で、お兄ちゃんの分も追加オーダーを頂きました。

K18イエローゴールドにエメラルド。
イエローゴールドにエメラルドのグリーンの相性は最強です。

そして、お兄ちゃんも着けてくれたそうです!
噂のファランジリング風です。

残念ながら、完全には入らなかったようですが、
10数年後かな?大人になったら、大切な誰かに贈って頂きたいです。
その時は、この画像も見せて頂きたいですね〜。

それまで、ママがネックレスとして着けてくれるはずです。

2本重ねてご兄妹さんでパチリ。

お2人の健やかな成長を、陰ながらお祈りいたしております。

スクエア三兄弟

九州には台風が来ているそうです。
関東には明日やってくるそうです。心配です。
くれぐれもお気をつけください!

この台風が過ぎると、梅雨もそろそろ明けるのでしょうか。
夏いやだなぁ。今くらいの気温が上限だと大丈夫なんですけど・・・。

などと、どうにもならないことを憂いながら、
秋からのイベントに向けて、新しいものを作り始めています。

なんとなく集まったスクエアカットのルースたち。

共有で使える、シンプルな腰つき枠のリング原型を作りました。

縦置きと、横置きとで悩んだのですが・・・
存在感あるルース達なので、ここはひとつ縦置きにして、
主役感を目一杯発揮してもらうことにしました。

シルバー原型が出来上がったところで、ルースを載せてパチリ。

まずは、エメラルドカットのきりっとしたオパール。

ちょっと分かり難いですが・・・
縦長のやわらかなクッションカットのオパール。

縦ラインの真ん中辺りが少しぷっくりていて、
人懐っこい表情が、なんともチャーミング。

そして、エメラルドカットのハーキマーダイヤモンド

果てしない透明感が、どこまでもどこまでも〜。

いまのところ、全てK18イエローゴールドで仕上げる予定です。
オパールの柔らかな雰囲気とも、ハーキマーのキリリ感とも相性良いですよね♪

かろやか三姉妹

梅雨真っ最中。
この煮え切らない日々、かろやかなピアスのご案内です。

ただ、石の性質上、画像がかろやかではありませんが、
実物はこの上なく、かろやかです。

ローズカットのオパールに貫通穴を開けてもらって、
長めのキラキラカットチェーンをつけました。

たいして何もしてないようですが、
オパールに頼りきりで、たしかに、ほとんど何もしてません。

でも、お着け頂くと、
『よくぞ何もしてくれなかった!』
と、両肩をポンポン叩いてもらえるはずです。

何もしないというのも勇気がいるんです!悟りです。w

K18の濃ゆい金色と、オパールの儚げな佇まいの対比を、
シンプルにお楽しみ頂けます。

耳元で、オパールの赤や青の斑が、
ゆらんと出現したかと思うと…ふわんと消滅… これは切ないっ!

ですが、夜になって、レストランやバーの照明の下だと、
ものすごい威力を発揮してくれそうです。イヒヒ。

そして、末っ子のラウンドカット。

大分前に、ダイヤでこんなデザインをよく目にしましたね。

ダイヤでこのサイズ感は、なかなか難しいですが…

スーパー華奢なK18のフープに通してあります。

ここまで華奢なフープはなかなかありません。
なかなかないのはなぜか?
それは、ちょっと使いにくいから…

超絶にシンプルにしてあるので、留め部分もシンプルで華奢です。
脱着の際、注意して頂かないと変形の恐れも多分にあります。
それでも、大丈夫!という、
お手先の器用で寛容な方でないと難しいかと思います。

私のような雑な人間には無理かなぁ。

無理なモノをなぜ作ったのか!
見た目のキレイさ故です。
時に、美しさとリスクは隣り合わせだったりするわけです。w

機能をとるか、美しさをとるか!

無論、美しくて使いやすいものが良いですよね♪

フラッシュをたいて撮ってみました。

80年代ネオンカラーを抽象画にしたような、これまた違った表情を覗かせてくれます。

ほんと、飽きさせない石です。

★ローズカットオパールチェーンピアス
K18YG ローズカットオパール(ペアシェイプ) ¥35,000+税

★ローズカットオパールチェーンピアス
K18YG ローズカットオパール(オーバル)   ¥35,000+税

★ローズカットオパールフープピアス
K18YG ファセットカットオパール(ラウンド) ¥25,000+税

渋谷hikarie1F”THEATREUX/テアトロ”さんでご覧頂けます。

※商品の価格は、地金相場等により変動する場合がございます