これは着てもいいと思う

渋谷でたまたま入った、ベイクルーズ系のセレクトショップで発見したトレーナー。

胸に大きく 『Bijoux』 って入ってますよー。

Bijouxはフランス語で、
『装身具、アクセサリー、宝飾品』 なのです。Bijou/ビジューの複数形。
英語の”Jewelry”ですね。

これを見過ごすなんてできませんよっ。

着ても良い人のランキングがあったなら、
末尾くらいには位置付けさせてもらえる気がします。w

ちなみに 『Bonne Chance』っていうのもありました〜。

★イベントのご案内★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●松屋銀座1Fプロモーションスペース  

 10月29日(水)〜11月4日(火)

“THEATREUX/テアトロ”での出店に、zetta collectionもお取扱い頂きます。
私も一日だけ店頭でご案内させて頂く予定です。

●東武百貨店1Fイベントスペース  

 11月13日(木)〜11月19日(水)

JEWEL PIALEさんとご一緒の出店になります。
会期中は、ほぼ毎日ご案内させて頂く予定です。

●松屋銀座1Fスタイルオブギンザ
 ”クリスマスアクセサリーズ”

 12月3日(水)〜12月10日(水)

3ブランドでの出店になります。
会期中は、ほぼ毎日ご案内させて頂く予定です。

お近くへお越しの際は是非お立寄りください。
※ご案内をご希望の方は下記アドレスへご連絡をお願いいたします。

 zetta@piecepiece.com

物欲もこもこ

髪を短くしました。

春頃からどんどん変えていて、最終形態のベリーショート。
何度かしたことがあったのですが、しばらくぶりのベリーショート。

鏡を覗くと・・・なんか足りない・・・?

思い立って、サンプル落ちしたwムーンストーンのイヤリングを着けてみる。

「うん、これだ!」

次に大振りの淡水パールのイヤリングを着けてみる。

「おおっ、顔が明るくなった!」

知り合いの作家さんから頂いた、
デコラティブなビーズのイヤリングを着けてみる。

「あら、なんだか垢抜けた!」

※これらはあくまで個人の感想ですよ・・。

イヤリングを着ける習慣が全くなかったのですが、
ベリーショートにはマストです。いや、私のベリーショートにはマスト。w

某女流作家さんの、『年齢を重ねるとジュエリーに頼らないと・・・』
云々の文章を、ぼんやりと思い出す。

ここまで短くしてしまうと、洗いざらしの髪にすっぴんは、
ナチュラルの領域をはるかに通り越し、
手抜き感満載で、”荒い”印象しかなく危険ですね。日々是勉強。

涼しくなって、自分に気を遣うのもなんとなく楽しい秋です。

なので、最近は、なんとなく毎日お化粧するようになり、
外出する時は、イヤリングを着けてます。そして、帽子をふたつも新調。w

その上、御徒町の用足しついでに、パールを衝動買い。

どシンプルなイヤリング。
なにせ、イヤリング初心者ですから。まずはまずは、直球で。

10mmの南洋パール。
もうちょっと大きいのが欲しかったのですが、
衝動買いの域を大きくはみ出す価格に断念しました。

でも、小振りでも、淡水パールとは明らかに違う、
複雑で奥行きある光りを両耳に運んできてくれます。(・・・と思います。w)

照りも良く、傷気もない真円なのですが、
ほんのちょっとボタン状になっているので、ちょっとお買い得。w

既製のイヤリング金具に付けただけなので、あっという間に完成。

なんだか、もの足りない・・・。

そういえば〜、と作業机の引き出しをごそごそ。

ずーーっと前に、ちょっとしたお手伝いをしたお礼に頂いたパール。

ネクタイピンになっていたので、そのうち何かにしよう、
と何年もそのままにしてあったもの。

これ、真円無傷で巻きも抜群のかなり良いパールなんです。

「そうだ、指輪にしよう!」

パールは、20歳くらいの時に、買ってもらった三点セットしかなくて、
なかなか今の私には着けにくいデザインのものしか持っていません。
※リフォームしてしまえば良いのですが・・・w

一から作るのもなんだか面倒かなぁ・・・と、またもや机をごそごそ。

サンプル落ちして、地金分析に出そうと思っていた袋から、地金のリングを発見。

「良いじゃないですか!」

ちょうど、パールを置く部分もある!
まずは、サイズを直して、台になる部分をパールのアールに沿って削って、芯を立てて・・・

できたっ。

マット仕上げとパールの照りは最高の相性ですね。
今からの季節にぴったりな色合い。ウフフ。

下から覗いても傷気なしっ!

サイズも10mmと着けやすい。

ダイヤのハーフエタニティと重ね着けしてみる。

なんだか品が良いですよ。

カラーストーンとの重ね着けはどうでしょうか。
スターの出るグリーンダイオプサイトと一緒に着けてみる。

深いグリーンと、これまた奥行きあるパールの照りがしっとり寄り添います。

他にもターコイズの青とか、トルマリンのピンク系とか、
色々試したのですが、パールの照り照りは、懐深くなんにでも合っちゃいますね。

一本使いも良いですが、カラーストーンと合わせるのも楽しそうです。

なんだか、物欲紹介に終始してしまいましたが、
この他にも、同時進行でイヤリング&リングをたくさん製作中ですので、
少しずつご紹介させて頂きます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●松屋銀座1Fプロモーションスペース  

 10月29日(水)〜11月4日(火)

“THEATREUX/テアトロ”での出店に、zetta collectionもお取扱い頂きます。
私も一日だけ店頭でご案内させて頂く予定です。

●東武百貨店1Fイベントスペース  

 11月13日(木)〜11月19日(水)

お近くへお越しの際は是非お立寄りください。
※ご案内をご希望の方は下記アドレスへご連絡をお願いいたします。

 zetta@piecepiece.com

リフォームもしましたよー。

先週ご紹介したYさんからのリクエストの続きです。

ご家族から譲り受けたり、お土産で頂いたというジュエリー達のリフォーム。

頂きもののジュエリー達って、そのままでしっくり使えるものと、
ちょっと難しいかな・・と思うものと様々ですよね。

と、そんな感じでお使いにならないまま、お手元にあったジュエリー達。

せっかくなので、じゃんじゃん使えるようにしていきましょう!という企画です。

まずは、面長な馬蹄風のビンテージダイヤのトップです。

使えなさそうなこともないけれど、ちょっと難しいかなぁ?

ということで、”pierre“シリーズのシンプルネックレスへ。

プチッとしていますが、無垢のゴールドなの存在感はなかなかなものですよ。

そして、裏側には・・・

家紋刻印を打ってあります!

そして、オパールのネックレス。

このままでも十分着けやすそうなのですが、
アクセサリー素材だったのと、バチカン部分がお使いにくいとのことで、
シンプルな枠にお作り替えして、チェーンも新たにすることになりました。

引っ掛かりの無い、すっきりシンプルなジュエリーのネックレスになりました。

さきほどのダイヤネックレスとの重ね着けも素敵そうですよ。

そして、裏側には・・・

家紋!じゃんじゃん打っちゃってますっ!

画面がキリッと締まります。

そして、最後は外国のお土産で頂いたという赤色石。

なかなか、ハードルの高めのデザインです。

こちらは、サイズが合いそうだったので、ミニオーバルリングへ。

重ね着けでも、一本使いでコーディネートの差し色でも・・・。

カラーストーンのシンプルリングは、いかようにも変身してくれるので、
一本持っていると、とても便利なのです。

新生ジュエリー達もお使い頂けているようで、嬉しい限りです。

せっかくの、ジュエリー達。
置いておくだけでは、”もったいないおばけ”が出てしまいますもんね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●松屋銀座1Fプロモーションスペース  

 10月29日(水)〜11月4日(火)

“THEATREUX/テアトロ”での出店に、zetta collectionもお取扱い頂きます。
私も一日だけ店頭でご案内させて頂く予定です。

お近くへお越しの際は是非お立寄りください。
※ご案内をご希望の方は下記アドレスへご連絡をお願いいたします。

 zetta@piecepiece.com

アニバーサリーリング

ふと気が付けば、アニバーサリーという単語に敏感な年齢に・・・。

私が敏感になったということは、同じ歳の友達もそうなわけで、
そうなると、その友達の友達もそうなるわけで・・・

そんな素敵なループで、友達の友達のYさんに頼まれたアニバーサリーリング。

早くにご結婚されたそうなのですが、エンゲージリングは特になかったそうで、
今回は、その役割も担う、とても特別な指輪です。

素材はプラチナとダイヤモンド。

デザインの段階で、アンティーク調というワードがあったので、
華奢な感じをイメージされているのかなぁ、と思っていたのですが、
もっともっとずっーと時代をつけまして遺跡風。w

アンティーク風の繊細ではなく、ちょっと無骨なゴツゴツぽってり遺跡風。w

それを今欲する感じがとても共感できてしまいます。

そんなこんなで、デザインイメージが共有できたので、
後は、ダイヤのグレードやら大きさやらを決定するのみです。

私の周りは、迷わない方ばかりで、本当に助かります♪

じゃじゃんっ!

センターのダイヤは0.793ctの個性派オーバルカットに、
クラリティがVS−1と素晴らしい布陣です。

そして、両サイドにバゲットカットのダイヤが美しくも、みっちりと脇を固めております。

そしてそして、石座の下にもバゲットカットのダイヤがぐるりっ!

バゲットカットのダイヤだけで、トータル0.92ct。

バゲットカットって、カット面が少ないので、内包物等の粗が丸見えになるので、
汚いものは使えず・・・、おのずと品質の良い(そしてお高い)ものなってしまうんです。

故に、美しい!

ブリリアントカットの細かな豪華な輝きも美しいですが、
バゲットの少ないカットの、静寂さえ感じさせる凛とした輝きを眺めていると、
喉の奥がきゅんとして、なにやら切なくなってしまいます。(感受性豊か過ぎ..w)

地金もたっぷりたっぷり使用して、贅沢な佇まいです。
プラチナの”とすんっ”、という心地よい重みがリッチな喜び!

今回はこのレール留めを含め、私には難しい加工なので、
信頼する職人さんにお願いして、美しく仕上げて頂きました。

出来ない事は、外の職人さんにお願いするのですが、
ただ上手なだけではダメで・・・
なんていうか、良く 『手が合う』 って表現するんですが、
製図したデザイン画の余白というか、ニュアンスを分かってもらえないと、
思い描いたモノが出来上がってこないんですよね。

自分で全部できるのが一番なのでしょうが。w

内側には、お誕生石のタンザナイトがきらりんっ。

そして、お名前と生年月日と家紋の刻印が入りました。

家紋は、ジュエリー用の刻印を一からオーダーしました。
※他の承っているリフォーム分にも、どんどん使っています!
後ほどご紹介させて頂きます。

ご自分のお名前と生年月日は、何かあった時の身元確認のため。

Yさんも私と同じ仙台の方で、先の震災を身近で経験されていることもあり、
このアイディアは、とても自然な考えだと思いました。

途中経過を送りでチェックしてもらいました。
その際、サイズがとても心配だったのですが、最終的には、無事に合い、
仕上がりも気に入ってもらえたようで、ホッとしました。

そして、先日仙台に帰省した際、
紹介してくれた友達も含めて三人で会った時、着けて来てくれました!

なんだか、ずっと前から持っていたかのような馴染み具合で、
Yさんの雰囲気にも、洋服やお持ちの小物にも合っていて・・・

『着けこなすって、こんな感じなんだなぁ』

と、感心してしまいました。そして嬉しい!

そして・・・こちらは、Yさんを紹介してくれたSさん。

彼女も気を遣って、着けてきてくれていたので、嬉しくってパチリ。

マリッジのTigeFineとpierrepierreとエンゲージの重ね着け。

ゴージャスになり過ぎてしまいそうな重ね着けも、
ラフなスタイルにさらっと溶け込ませているのは、さすがなのです♪

三人でゆっくりとたくさん色々なお話できて、楽しいひととき。

Yさんとは同じ月生まれということもあり、勝手に打ち解けてしまいました。

『友達の友達はみな友達だ!』

・・・で、いいのかな?タモさ〜ん。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●松屋銀座1Fプロモーションスペース  

 10月29日(水)〜11月4日(火)

“THEATREUX/テアトロ”での出店に、zetta collectionもお取扱い頂きます。
私も一日だけ店頭でご案内させて頂く予定です。

お近くへお越しの際は是非お立寄りください。
※ご案内をご希望の方は下記アドレスへご連絡をお願いいたします。

 zetta@piecepiece.com

ゆるっと星座リング

セプテンバーです。

秋大好きです。

ちょっと涼しくなってきた空気の中の、ほんのりした切なさと、
なんだかわからない期待感がたまりません。

10月からはイベントや展示会にも参加させて頂く予定なので、
ちょっと忙しくなるのも、前向きにむやみに嬉しかったりします。ポジティブ!

さて、ずーっと前に見つけて、一目で気に入った、
ムーンストーンに星座のアイコンがゆるっと彫ってある、ちょっと変わったルース達。

なのですが、全ての星座をコンプリートしているわけではないので、
「お気に入りの星座があったら良いですね〜」くらいな、お気軽な感じでご覧ください。

そして、ハンドメイドゆえの、とてもゆるやかでおおらかな彫刻ですので、
きりっとした仕上がりを想像された方は、申し訳ありません。

ではでは・・・

まずは、”みずがめ座”。
こちらのムーンストーンは、柔らかなオレンジがかった発色です。

正確に測定できなそうなゆるっとした”てんびん座”。

乙女に見えないおじさんのような”乙女座”。

かなり見難いですが”いて座”です。

この中では、きりっとした印象の”牡牛座”。

ルースにもよりますが、ぽってりとしたボリュームのあるルースです。

枠は、ミル打ちで留めてあります。
コーティングはしてありませんので、
ミル打ちの部分に陰影が入って良い風合いに育ってくれます。

黒くなるのはちょっと・・・という場合は、
シルバー洗浄液に入れて頂きますと、元のシルバーの白さに戻ります。

着けやすい程よいボリューム。

てりっとした牛乳飴のようなとろみのある輝きは、
眺めていると、なんだかほっこりした気分にしてくれます。

秋口にぴったりなルースです。

★ムーンストーンリング
 SV925 ムーンストーン 各¥25,000+税

○渋谷hikarie1F”THEATREUX/テアトロ“さんでご覧頂けます。

※商品の価格は、地金相場等により変動する場合がございます