プラチナキリリなマリッジリング

タイに住む知人からマリッジリングを頼まれました。
昨年の春くらいかな?結構前です。

日本に一時帰国され、家族で遊びに来てくれた時に、
タイ人の奥様からデザインのご希望を伺って、
知人と予算なんかをすっかり決めて・・・。

でも納期が特になかったんです。

なぜなら、配送を信用していないとかで、
出来上がってもタイに送ってくれるな、と。

あー、これはお得意の無期限案件になるなぁ・・・w
と、ぼんやり構えていたら、
11月頃、日本のご家族が年末をタイで過ごされることになったそうで、
指輪を持ってきてもらえることになったよ、と。

急に動き始めました!

納期がないのを良いことに、本当に何にも何にもしていなかったので、
大慌てで、デザインの詰めやらダイヤ探しやらを一気に始めました。

イベントも重なって、間に合うかどうかドキドキの連続でしたが、
なんとかリングは間に合いました。

何が間に合わなかったかというと、刻印が間に合いませんでした・・・。
いつもは手打ちで入れるのですが、
カチッとしたデザインなので、レーザー刻印が合う気がしまして。

レーザー刻印は完全に外注なので、納期を3〜4日はみなければなりません。

これをいつも忘れる・・・。
この3〜4日を失念して大慌てするのが常なのです。

そして今回は間に合わず・・・ガーン。

さて、ハラハラドキドキの中、出来上がったリングです!

プラチナをたっぷり使ったクールな表情のリング達。

奥様がタイの方なので、
22金とかの純度の高いゴールドをご希望されるのかなぁ、と思っていたら、
逆にプラチナをご希望でした。

とても珍しいみたいですね。


PT900/Dia0.308ct

おサイズは小さいのですが、ダイヤの幅に合わせてあるので、
プラチナがぎゅぎゅっと濃縮されたような、トランジスターグラマーな子です。w

そして4mm幅のプラチナ平打ちリングです。
内側はすべらかにアールを取ってあるので、
見た目のカッチリさんに相反して、心地良い着け心地です。ココチココチ。w

とにもかくにも、ご家族のご出国日までに無事お届けできました!

お手元に届いた、というご連絡は頂いたのですが、
新年と同時に開けるよ!とのことで、気に入って頂けたかは、聞けずに・・・
先のフルエタのご感想と一緒に、もやもやした年末年始でした。w

松が明けてからしばらくしてから、
嬉しいご感想を頂け、ようやくホーっとしたのでした♪

私も遊びに行きたいなぁ。

2015 国際宝飾展

21,22日と、極寒のお台場へ、国際宝飾展を見に入って参りました。

りんかい線から、ビックサイトまでの吹きっさらしの道のりの辛さたるや・・・
かろうじて道なりにアーケードがあるのですが、横風にはもちろん無力。
忍の一文字を胸に黙々と歩みを進めます。
館内に入った時の、凍えから解き放たれた感動は、筆舌し難いです。

この悪天候は2日間続きました。
今日はお天気も良く、気温も上がるそうですね・・・。

今回は、お約束もあったりしたので、一人の時間は、精力的にキビキビと回りました。
欲しかったものは大体見つかり、後は、お知り合いやお取引様とお会いして、
石の話や、業者さんの話や、美容の話や、お菓子の話や・・・w

ピアスにぴったりのナチュラルカラーのダイヤのペアを見つけてしまい・・・
猛烈に悩んでいます。

色・形・サイズ、全て好み!
価格は、頑張れば頑張り切れないこともなくもないような。w

ただ、片方に大き目のクラックがあり、そこが引っ掛かってます。
ピアス使用なら、問題はないと思うのですが、一度引っ掛かると、ねぇ・・・。

ご一緒した方々に意見を求めたところ・・・

「悩む気持ちがあるということは、一旦考えた方が良いのでは?
石の場合、買う時は迷わないですよ」

 確かに!買い物の時、そんなに悩む方ではないので。

「あのクラックはいずれ割れるかと思うので、リカットも考えた方が」

 リカットすると、もう片方もだよなぁ・・・

「割れることはないと思うし、あのぶり感のペアはなかなか出てこないわよ」

 ナチュラルカラーで、こんなにどんぴしゃなペアは出ないよね。

うーーーーーーん。
三者三様、的確かつ、ごもっともでバラバラなご意見でした。

別に取り置き分があるので、IJT後お店に伺った時、まだあったら、再考してみよう・・・かな。

しかし、そんな余裕どこにあるんだー!

あ、そういえば、リングにしても素敵になりそうな石だったんですよ。エヘ。

ピアスホール開きました。

とうとうピアスホールを開けました。
近所の皮膚科でピアッサーでガシャン、と。5,500円也。

思ったより痛くなく、思ったより衝撃があり、
そして思ったより穴が開いた感がありました。繊細過ぎ・・。w

でもお会計を待つ頃に、ジンジンと痛みが出てきて・・・
あぁ、とうとう開いたんだなぁ〜、と一人感慨に耽りました。

安定するまでの1〜2か月はこのファーストピアスとお付き合いです。

どんなピアスをプレゼントしようかしらん。

春に向けて楽しみが膨らみます♪

フルエタ

気が付けば2015年突入から2週間経ってしまいました。
遅ればせながら、今年もよろしくお願いいたします。

2015年最初のご案内は、みんな大好きフルエタです!

昨年末、お取引様からの頂いたオーダーです。
zettaのマリッジリングをご購入頂いたお客様が、
10年目の記念に奥様にダイヤのフルエタニティリングを贈られる!
という、夢のように素晴らしいオーダーです。

ちょうどお子様をご出産されるタイミングも重なられたそうで、
超アニバーサリーなリング。素敵過ぎですっ。

どんなフルエタにするか、色々ご相談させて頂き、
マリッジリングに選んで頂いたle ciel finの雰囲気を手掛かりに、
Laquelleシリーズをベースに制作することになりました。

Laquelle のK18YGベースに2mmサイズのダイヤが26pcs。
トータル0.86ct!
特におサイズが7.5号と小さめなので、みっちりのキランキランです。

上手く撮れなかったのですが・・・
ダイヤは一生懸命良いものを選んだので、とても美しいです。

一生懸命とは?

ダイヤモンドを購入する時、品質によって価格の異なるロットから選びます。
同じ価格のロットの中からも、
出来るだけ出来るだけキレイなものを選りたいのです。w

予算とサイズを告げて、選んでもらっても、もちろん良いのですが、
私は根がケチケチなので、少しでもキレイなルースを自分で選びたい!w
なにより楽しい作業でもあります。

ぽってりしたボリュームをそのままに、みっちりダイヤに下穴を開けない心地良さ。

Le ciel fin と重ねてみる。
ラインは全然違うのに、なんだか合ってしまいます。

Laquelle fin の幅ぎりぎりでのフルエタは、
今回が初めてのオーダーでした。
そして、出来上がってみて、自分用に猛烈に欲しくなりました!w

ご褒美ご褒美!なんのなんの?

的な、自問自答をぐるぐる繰り返しながらの納品。

とても気に入った出来上がりだったので、
意気揚々とご感想を伺ったのですが…
予想を反して、先方の口は重く…一気に不安に。

お取引様も仕上がりを気に入っていて下さったのですが、
肝心のオーダーされたお客様が…
想像以上に派手だと思われたそうなのです。
こんなに派手なものを贈るなんて…という、
なんとも謙虚な理由からでした。

でも…
ダイヤモンドのフルエタをもらって
喜ばない女性はいないんじゃないかなぁ…
それに、地味より派手な方が良いと思うんだけどなぁ…
こんな素敵リングを贈れるのは、
男の甲斐性なんじゃないかなぁ…
なにより、奥様の反応は良いと思うんだけどなぁ…

…と、なぁなぁずくしで、
勝手な思惑が止めどなく湧き上がるわけです…w

でも、ご本人に喜んで頂けなければ仕方ありません。

どうだったかなぁ?どうされたかなぁ?
…と、
ぼんやり思いながらのお正月休みを過ごしまして…
昨日改めて、奥様のご反応がどうだったか恐る恐る伺ってみたところ・・・

喜んで頂けたようです!

ホッとしました〜。

うん、女性にダイヤモンドは鉄板です。

ダイヤモンドが一周連なるフルエタニティリングは、
良いことも続きそうで、なんだか縁起も良さそうです。
※根拠なんてありませんが。w

そして今年は一本欲しい!と、強く思いました!

7.5号で26pcsだったので、9号だと30pcsくらいかな?
そうすると、月に3pcsずつ買い求めていけば・・・
10月にはめでたく30pcs揃って、12月のお誕生日には出来上がる!

がんばるぞ!
「いつかはクラウン」 ならぬ 「いつかはフルエタ」 w

とにもかくにも、今年もゆるっと制作して参りますので、
お付き合いの程、宜しくお願い致します。